宇土城址(中世)

現在の市街地の西側に位置する「西岡台」と呼ばれる小高い独立した丘稜を利用して築かれています。

この丘稜は,東西の長さが約700メートル,南北の最大 の幅が約350メートル,最高位部の標高約39メートルであり,この丘のほぼ全域が城域であったと考えられています。中世宇土城の築城は,1048年(治 承3年)と考えられていますが,城主は宇土氏や名和氏など度々代わっています。

最終的には,1588年(天正 16年)宇土24万石の大名として入国した小西行長が,西岡台の東に隣接する通称「城山」に新城(近世宇土城)を建設した時点で,長い間続いた城としての役目を終えました

地図

Google MAPで見る

基本情報

  • 【 所在地 】 
    熊本県宇土市古城町‎
  • 【 お問合わせ先 】 
    TEL:0964-22-0156 
    宇土市文化振興課



企画:熊本県宇城地域振興局総務振興課
運営:宇城地域観光推進協議会
〒869-0532 熊本県宇城市松橋町久具400-1
TEL:0964-32-2113 FAX:0964-33-4335